全国どこでも対応いたします


国産・中国産の安心安全で高品質な業務用 ニンニク/冷凍野菜/生鮮野菜の販売


menu

サンプルページ

<div id=”pagetitletext”>

安全でおいしく、安心して食べられる高品質な野菜を適した価格で安定供給するために
フィールドが行っている取り組みをご紹介します。

</div>
<h3 class=”singlebn02″>安全でおいしい、安心して食べられる野菜をお届けするために</h3>
<div class=”pdbox_a”>

農林水産省の統計によると、近年の日本国内の野菜の自給率は大体80%前後(重量ベース)です。残りは、どうしても輸入に頼る必要があります。
開業当時、フィールドが取り扱う製品は、主に中国産でした。そして、1990年代から2000年代にかけて、中国産冷凍ほうれん草の残留農薬問題や、冷凍餃子事件等が相次いで発生し、中国産の食品に対するイメージは最悪の状態となりました。
しかし、その後、日本の厳格な規格基準を満たすべく、中国では栽培管理を徹底し、検査体制を確立することで、品質の向上に努めてきました。そして、10年あまりの年月を経た今日、依然として中国産の食品に対する根強い不信感は完全に払拭出来たとまでは言えませんが、過去の過ちを繰り返すことなく、日本の食に必要不可欠な存在として着実に実績を積んでいます。
フィールドも、こうした日本と中国の食品を巡る様々な困難に対峙する中で、失墜した信頼を取り戻すために、中国の仕入れ先と共に、製品の安全安心を第一に考えてきました。

</div>
<h3 class=”singlebn02″>◆農場選定から出荷までトレサビリティ体系を確立</h3>
<div class=”pdbox_a”>

フィールドが販売する野菜製品の多くは輸入品で、中国やその他の国々で栽培し加工された商品です。直接、自分達の手で作ったり、見守ったりすることはできませんが、だからこそ、それぞれの製品のトレサビリティをしっかりと確認し、安全安心に関する情報の収集と提供に努めています。
工場はHACCPやISO等の認証を取得している工場に限っています。原料は、その工場の自社または契約した農場で、しっかりと栽培管理された野菜だけを使用しています。そして、異物や品質不良等が混入しないよう品質管理にも十分注意して製造しています。
トレサビリティ体系を確立することで、農場選定から製品出荷まで、各工程での検査や記録はすべて確認することができます。例えば、農場の土壌水質検査、原料栽培の記録、残留農薬検査、製造工程記録、製品検査、輸出時の通関検査、輸入時の通関検査など、農場から製品までの情報を確認することが出来るので、万が一製品に何らかの問題が発生した場合も、速やかに原因を調査し、再発防止に取り組むことが出来ます。

</div>
<div class=”pdbox_a”>
<div class=”qualityimg”>
<div class=”qualityimg_one”>

<img src=”https://www.field1996.co.jp/hp/wp-content/themes/field/images/qualityimg01.jpg” alt=”工程管理表例” />
<h4>工程管理表例(PDF)</h4>
</div>
<div class=”qualityimg_two”>

<h4>農薬残留検査項目例(PDF)</h4>
</div>
<div class=”qualityimg_three”>

<img src=”https://www.field1996.co.jp/hp/wp-content/themes/field/images/qualityimg03.jpg” alt=”土壌・水質検査表” />
<h4>土壌・水質検査表の例(PDF)</h4>
</div>

<hr />

</div>
</div>
<h3 class=”singlebn02″>安定供給のためのノウハウ</h3>
<div class=”pdbox_a”>
<div class=”flobox03″>
<div class=”flobox03l”><img src=”https://www.field1996.co.jp/hp/wp-content/themes/field/images/qualityimg04.jpg” alt=”安定供給のためのノウハウ” /></div>
<div class=”flobox03r”>フィールドが輸入する製品は、すべて野菜が原料なので、それぞれの品種や産地によって、その時々の環境や天候などの影響を受けて、収穫量や品質が左右されます。
例えば、天候不良等のため、作柄が悪いと、原料の供給量が不足し、原価が高騰したり、品薄や欠品の可能性が出てくるため、他に供給可能な産地がないかを探す必要が生じます。
そのため、仕入れ先とは、毎日連絡をとり、天候状況、これから収穫・加工される野菜の出来具合、価格や供給量の動向など、ありとあらゆる情報を適宜収集し、可能な限り安定した価格で必要な数量が確保できるよう、努めています。</div>

<hr />

</div>
</div>
<h3 class=”singlebn02″>◆問題発生時の対応</h3>
<div class=”pdbox_a”>

フィールドが扱う食品は、すべて自然が作り出した野菜が原料です。工業製品とは異なり、各品種や産地それぞれ、その時々の環境や天候等の影響を受け、味や色などの品質は必ずしも均一にはなりません。時には、お客様の期待に応えられない事もあるのが現状です。野菜製品にとって、異物や品質不良等の問題は、完全に根絶することが難しい永遠の課題と言えます。
しかし、一方で、フィールドが扱う商品は、人の健康や命にもかかわる食品だからこそ、万が一、問題が生じた際には、皆さまが安心出来るよう、素早く誠実な対応が必要であると考えます。お客様からご一報を受けたらすぐ、自分達の目で問題を確認し、速やかに原因の調査を実施します。また、原因の追究をするだけでなく、同じ過ちが繰り返されることが無いように、可能な限りの再発防止対策を考え、実行します。

</div>